スポンサードリンク

インフルエンザ感染のサイン

インフルエンザ感染のサイン「インフルエンザってなに?」-風邪とインフルエンザの違い-で、インフルエンザの症状について説明しましたが、急な発熱や、周りにインフルエンザ患者が発生している場合などは、インフルエンザウィルスに感染してしまった可能性が高くなります。

罹ってしまったかな?と感じた場合は、マスクを着用して、外出を控え、家族や看病する方にもマスクを着用してもらうなど、感染を広げないよう配慮してください。

インフルエンザウィルスに感染、症状が発症してから、24時間から48時間の間がもっとも強い感染力を持っていると言われています。

心がけることとしては、食欲があるうちは、栄養をとり安静にして充分な睡眠と休養を取って 体力を温存してください。

熱が出ると、脱水症状に気をつけなければなりませんから、水分補給をこまめにしましょう。

部屋の湿度を高め(50~60%)に保ち、ウィルスを増殖させないようにしましょう。定期的に部屋の換気を行うのも良いでしょう。



スポンサードリンク

関連記事

  1. 一度罹ったらもう罹らない?
  2. 感染力が無くなるまでの期間
  3. 自宅療養の仕方
  4. 抗インフルエンザ薬
  5. 病院へ行く前に
  6. インフルエンザの潜伏期間

TOPPAGE  TOP