スポンサードリンク

抗インフルエンザ薬

新型インフルエンザの抗インフルエンザ薬とは

インフルエンザウィルス自体に対する治療としては、抗インフルエンザ薬しか無く、その効果は、発症後早期(約48時間以内)に使用しなければ効果がありません。

日本で使用されている抗インフルエンザ薬には、「タミフル」と「リレンザ」があります。
それぞれの特長を見ていきましょう。


タミフル リレンザ
有効なインフルエンザ種類 インフルエンザA型
インフルエンザB型
インフルエンザA型
インフルエンザB型
インフルエンザ薬の形状など 粉、カプセル 吸入
対象年齢 1才~ 5才~


【タミフル】
・A型、B型インフルエンザに有効な抗ウイルス薬
・粉薬とカプセルがある
・1歳以上のお子さんから使用可能


【リレンザ】
・A型、B型インフルエンザに有効な抗ウイルス薬
・吸入する抗インフルエンザ薬
・5歳以上の子どもから使用可能


タミフルとリレンザどちらの抗インフルエンザ薬も、インフルエンザウイルスを倒す薬ではなく、ウイルスの増殖を抑える薬です。服用しても、高熱の出ている期間が1~2日短くなる程度だそうです。

インフルエンザは、基礎疾患が無ければ、薬無しでも十分治ります。タミフル服用の異常行動などの問題もあり、小さな子どもへの安易な投与は、考えた方が良いでしょう。

医師は、患者さんの年齢や状態を見極めて、抗インフルエンザ薬を使用することになっていますから、使用の必要性を慎重に検討してもらえるように、相談することも必要でしょう。



スポンサードリンク

関連記事

  1. 一度罹ったらもう罹らない?
  2. 感染力が無くなるまでの期間
  3. 自宅療養の仕方
  4. 病院へ行く前に
  5. インフルエンザ感染のサイン
  6. インフルエンザの潜伏期間

TOPPAGE  TOP