スポンサードリンク

インフルエンザの種類

インフルエンザの種類
毎年冬になると「今年はインフルエンザO型が流行るらしいわね‥」などと、話題に上ることかと思います。

インフルエンザというだけではなく、O型という区別があるのです。

インフルエンザウィルスには、大きくA、B、Cの3つの型があります。

それぞれについて見ていきましょう。


インフルエンザ
A型
インフルエンザ
B型
インフルエンザ
C型
感染 人のほか
鳥、豚、馬、クジラ
人のみ 人のみ
ウイルス
の変異
非常に変異しやすい 変異しにくい 変異しにくい
特長 インフルエンザの58%
「Aソ連型(H1N1)」
「A香港型(H3N2)」
「鳥インフルエンザ(H5N1)」など種類
毎年流行
歴史的に大きな流行
小流行を繰り返し、
A型よりも症状が軽い。
季節に関係なく、5歳以下の小児に感染。
鼻かぜのような症状。


【インフルエンザA型】
人のほか、鳥、豚、馬、クジラなどにも感染します。
「Aソ連型(H1N1)」「A香港型(H3N2)」、「鳥インフルエンザ(H5N1)」などがあり、全体の58%を占めています。
非常に変異しやすく、毎年流行するほかに、歴史的に大きな流行を引き起こしているのが特徴です。

【インフルエンザB型】
人の間のみで流行します。
変異しにくく、散発的に小流行を繰り返しています。
一般にA型よりも症状が軽いと言われています。


【インフルエンザC型】
人の間のみで流行します。
変異しにくく、大きな流行はおこさないと言われています。
季節によらず5歳以下の小児に感染し、鼻汁過多を特徴とする鼻かぜの様な症状があります。


つまり、懸念されている新型インフルエンザが出現するのは、A型だけということになります。重症度、感染力ともにインフルエンザA型が脅威となるのです。


スポンサードリンク

関連記事

  1. 新型インフルエンザの感染ルートとは
  2. 風邪とインフルエンザの違い
  3. インフルエンザの流行時期
  4. インフルエンザが恐れられている理由
  5. どのようにして感染するの?
  6. 新型インフルエンザの全国電話相談窓口

TOPPAGE  TOP