スポンサードリンク

手洗い、うがいの有効性

インフルエンザでの手洗い、うがいの有効性家庭などで簡単にできる予防法として「手洗い」「うがい」があります。

インフルエンザは、接触感染もします。
手にウィルスがついた状態で、目、鼻、口などの粘膜から侵入するのです。

ということは、たとえウィルスが手に付いてしまっても、体内に侵入する前に排除してしまえば、感染を食い止めることができるのです。

なので、「手洗い」は感染予防に大いに役立つのです。

少し前までは、マスクがお店になくなるほどの勢いでしたが、最近では、手洗いができない時でも"手指の消毒ができるアルコールジェル"が在庫切れするお店が続出しています。

「手からの感染の方がリスクが高い」ということが周知されてきたためでしょう。

ウィルスの侵入を防ぐ第一関門が「喉」と言われています。

「うがい」は、喉に付着したウィルスを体外に追い出すだけでなく、喉を潤すことで湿度に弱いウィルスの機能を弱める効果があります。

我が家の下の子は、まだ「うがい」ができないのですが、小さな子供の場合は、何度もお茶などを飲むことで予防に役立ちます。

こまめに「手洗い」「うがい」を行い、インフルエンザウィルスを体内に侵入させないように防御しましょう。



スポンサードリンク

関連記事

  1. 新型インフルエンザ感染を防ぐ手洗い方法
  2. インフルエンザ予防接種
  3. 免疫力をアップする
  4. インフルエンザによいとされる民間療法

TOPPAGE  TOP